増田屋の暖簾とは

増田屋とは

お蕎麦屋のれん、「増田屋」は、
のれん分けにより、関東をはじめ、全国に百二十店舗を数えるほどになりました。


その、のれんが繋ぐ「のれん会」というものも存在するほどです。

古くは江戸時代からある、のれん本店で修行をし年季明けした職人が、その親方店の心意気を継承するため名前を引き継ぐ、そんな厳しくも粋な制度なのです。

蕎麦屋で年季明けする

それぞれの増田屋

のれん分けを受けた職人たちは、独自の製法で新たな味を取り入れ日々精進し、それぞれののれん店となり、その地域のお客さまに愛されて来たのです。

今の時代、大量生産で単価を下げる、大手飲食企業が行う事業展開、セントラルキッチン方式で、全国どの店でも同じ味のするチェーン店とは、一線を画しているのは、言うまでもありません。

大手飲食チェーン

のれん増田屋

百あれば百の味。


それが、増田屋のれんの真の意味です。


蕎麦打ち【楽常】

Tag: 増田屋 のれん 暖簾 暖簾分け のれん分け

a:151 t:2 y:1