中学生のお蕎麦屋体験

中学生体験

本日は、地元、大和市立鶴間中学校のみんなが蕎麦屋体験に来てくれました。

地元商店に体験学習というプログラム、とてもイイ社会勉強になるでしょうね。

商店側も、地元の子供たちに身近に接して頂く、とてもイイ機会になりますし、なにより、お店自体も若い子が厨房に居るだけで活気づきます。

まずは、ご挨拶の発声練習など。

中学生体験

「いらっしゃいませー」「ありがとうございましたー」

元気よく、部活のように、GOODです。

中学生ぐらいだと普段、お蕎麦屋さんにもあまり馴染みがないと思いますが、まして、その厨房で仕事の体験ができるのは、キッザニアどころではないでしょうね。

まずは、蕎麦を盛ってみよう。

中学生体験

しめたて蕎麦を、増田屋名物の板盛りとして、二人一組、おちょこを使ってほどよく盛ります。

これが楽しそうにやるんです。

「大変だけど楽しい。」

そうそう、それが仕事の真髄なんでしょうね。

さて、お次は、天ぷら。

熱い油があるので、習っている顔は真剣です。

厨房は、火と刃物を使い、お口に入る食材を扱うので、身が引き締まる想いです。

中学生体験

天ぷらも揚がり、自分たちで盛った蕎麦を、ホール担当に引き渡し、お客様に実際に運び、食して頂く。

中学生体験

そして、下げて、食器洗い。

一通り、体験して頂き、楽しみのまかないです。

まかないも、しっかり自分たちで作りました。

中学生体験

今日はみんながんばって蕎麦屋を体験して頂きました。

ありがとう。

ほんの少しの時間でしたが、飲食店を体験して頂き、若い子たちの心に、なんかしら想いが残せたと思っています。

こんなことも行っている、西鶴間増田屋でした。