地元大和市でご活用頂ける蕎麦屋のそば打ち会

大和市役所の職員さま11名によるそば打ち会

朝晩はひんやりとした放射冷却現象が見られ、秋晴れが続く11月ですね。

蕎麦の美味しい季節となり、この時期、宴会もちらほらと増え、そば打ち会の方も活気を増して来ました。

そして今回は、地元、大和市役所の職員さま、課をまたいでのチームビルディングの一貫としてそば打ち会を、西鶴間増田屋にて開催させて頂くこととなりました。

Previous
Next

まずは水回しですね。

普段の公務とは違い、チーム数人で仕上げるスタイルに戸惑いながらも、みなさま、素晴らしい手付きで粉を撹拌する様子は、普段から丁寧な仕事をしているというのが伺えます。

加水加減も、湿度の低いこの季節は難しいのですが、若干柔らかめに追い込むことで、初めての方でも打ちやすいモノとなります。

ちょっとガマンが続く水回しの工程ですが、持ち前の明るさで楽しく協調を取りながら進めて行く姿は、ひじょうに好感が持てました。

Previous
Next

そして、しっかりじっくりとステップを重ねると、だんだんと玉になっていき、練りと言われる工程に入ります。

なかなか女性の力だと厳しいところもあり、ここは男性が力強くこねて貰うのがベストかと思います。

蕎麦のコシに影響を与えるところにもなりますので、ぐっとぐっと体重をかけて仕上げていきます。

Previous
Next

1人が練り、周りの方が鉢を抑える、こんな感じがチーム戦って感じがしますよね。

さてそうこうしていると道具を使う工程の、延しとなります。

今回は四つ出しと言われる角を出し四角を整えていくという方式を取りますので、なかなか麺棒使いにコツがいります。

Previous
Next

だいたい2mmほどの麺体に近づけていくのですが、打ち粉を使い、麺棒を使い、頭が混乱しながら皆で仕上げていく様子は、料理教室の域を超える、アクティビティと言えるのではないでしょうか。

Previous
Next

切りの工程に入ると、やはりエンターテイメント性がありますね。

本当に楽しそうに切るので、こちらまで楽しくなります。

しかし、全体的に細めのしっかりとした切り口で角も立っており、すばらしい蕎麦に仕上がっています。

こうして出来た蕎麦を、厨房で茹で、懇親会のお料理として食して頂くわけですが、これがまた愉しいんですねー

自分で打った蕎麦が茹で蕎麦として出てくると、太かったり細かったりもあるけど、これがまたイイんですよね。

皆で創り上げた蕎麦とともに、明日からの公務の活力に繋げる懇親会としてご活用、本当に感謝申し上げます。

地元蕎麦屋として、こうしたイベントに携わらせて頂いたことで、当店としてもより一層、地域に愛されるお店づくりをして行かねばならぬと決起致しました。

今回はありがとうございました。

増田屋のそば打ち会

1人1鉢プラン

一人打ち
¥ 4500 税別
  • 完全お食事
  • 半量お食事+半量テイクアウト
  • 完全テイクアウト

複数1鉢プラン

三人まで
¥ 3800 税別
  • 完全お食事
  • 半量お食事+半量テイクアウト
  • 完全テイクアウト

日本酒プラン

一人打ち
¥ 5400 税別
  • お食事+日本酒
  • 半量お食事+日本酒
Previous
Next

少人数のそば打ち会の場合は、ほんとに世間話しなんかも交えながら、常連さんがところどころコツを教えたり、わきあいあいという感じになります。

近所の方も、遠くから来るお客様も含めてのそば打ち会ですから、こうしたお店でやるそば打ちで新たなコミュニケーションが生まれる可能性もあります。

一般的なお料理教室とは違って道具が電気任せということではないので、まさに作り上げる醍醐味ってものが感じれるのも、そば打ちならではですね。

しっかりと工程をマンツーマンスタイルでお教えしますので、初心者の方でも、しっかりとお蕎麦になりますので、ご安心下さいませ。

数回やってみると、すぐにこんな素晴らしいお蕎麦ができるようになりますので、ぜひそば打ちというものをご体験頂ければ嬉しく思っております。

もし、ご興味のある方がおられれば、まずはお電話でお問い合わせ頂ければ、ご都合に合わせたそば打ち会をご都合致します。

そば打ちをやってみたいと思ったらご一報下さい!

そば打ち教室のご参加、そば打ち会のご用命はお電話にて
(14:00~20:00 年中無休)